高濃度水素水効果ランキング

水素水が週刊文春で話題に!水素の実態について。

今回の週刊文春の記事は水素に興味がある方にとっては非常に注目された記事のひとつです。というのも、今回はあの有名な太田教授が様々な商品の水素含有量を週刊文春と一緒に調査するという内容のものだった実際にどの商品が水素をたっぷりと含んでいるのか注目ですね。

週刊文春と太田教授お墨付きの水素水は・・・・。

まずは今回溶存濃度を確認された商品はこれでした。カラダの中からキレイに水素水、還元性水素水、悠久の恵み、水素たっぷりのおいしい水(メロディアン水素水)、ナノ水素水スパシア、キヨラビ、ナノバブル水素水、バナH、水素水5.0である。左の表を見ても分かる様に、実際に溶存濃度は様々でした。1.6ppmという数値が実際に水に溶ける最大の数値であり、飽和水素溶存濃度です。という事はこれに近い数値の水素水が良いというわけですね。週刊文春で今回良いといわれた水素水は、キヨラビ、メロディアン、スパシア、水素水5.0でした。水素水5.0はスティックタイプなので違いますが、他のとはどれもアルミパウチです。やはり容器はとても大切です。中には水素がほとんど計測できない商品もあったので注意が必要です。

水素水一覧


水素サプリメントは5商品中1商品のみが飽和溶存濃度に近い数値。

水素水が週刊文春で取り上げられることは多かったのですが、水素サプリメントが今回は注目されました。計測されたのは、アクティブハイドライド、おはよう水素、爽快水素、パワー水素、水の素。この中で飽和溶存濃度に近い数値を示したのは、水の素だけでした。おはよう水素、爽快水素、パワー水素、ハイドライドはほとんど水素が発生しないという結果が今回は大きく取り上げられていました。これはあくまで今回の週刊文春の計測なので、確実だということはいえませんが、やはりしっかりと発生する商品を選ばないと飲んでいる意味が全く無いですね。

週刊文集の表


今回取り上げられなかった商品の中にも本物はあります。

今回の週刊文春で分かったことはしっかりと溶存濃度を計測していて、品質的に安心できる商品を選ばないといけないという事です。上記の実験に取り上げられなかった、「ナチュラ水素」や「メガハイドレード」、「サラスバ」「クリスタル水素水」等も飽和溶存濃度に近い含有量があるので、安心して飲めますし、逆に記載が無かったり、週刊文春で今回言われていた容器などがペットボトルなどでは安心して購入することが出来ません。しっかりと含有量や容器、値段を踏まえて購入することが大切でしょう。しっかりと摂取して、健康なカラダや美しいカラダを実につけるためにはやはり水素についての知識は身につけなければならないでしょう。

水素水


この記事の関連記事一覧

Copyright 2013 水素水 All Rights Reserved. |サイトマップ運営会社