高濃度水素水・サプリメント総合効果ランキング

水素水の作り方『水素水スティックと水素水サーバー編』。

分子量が小さい水素は、水に溶け込んでいても徐々に水素が抜けてしまいます。そんな中、しっかりと水素を補給したい方には自宅で水素水を作るのが最もお勧めです。作り方はそれ専用のものを購入しなければなりませんが、高濃度サーバーかスティックを利用すれば家で水素水を作ることができます。

スティックで自宅で水素水の作り方を紹介。

水素化マグネシウムなどを含んでいるスティックを水の入ったペットボトルに入れると水と反応して水素が発生し、水に溶け込むという仕組みの方法である水素スティック。これを使用すれば、自宅で簡単に作ることが出来ます。しかし、これにはしっかりと検査をされている商品を選ぶのが最もよいです。気泡が出るからといってそれは水素が必ずしも発生しているわけではありません。溶存濃度や品質管理がしっかりとしているステイックを使用しましょう。水素の飽和濃度は1.6ppmです。それ以上の水素はすぐに水に含まれることなく逃げてしまいますのでご注意下さい。

水素スティック


水素水サーバーを利用して自宅で水素水を作りましょう。

最も安価に飲む方法でもあるのが水素水サーバーを利用する事です。水素水サーバーは、20万~80万円と初期費用としては高いですが、それ以外はメンテナンス費用も安く、水道水をRO膜を通して真水にして水素を注入する方法のものがほとんどですので、長く飲み続ける方には非常に安く飲める方法として人気を集めています。水素水サーバーを使用すればいつでも簡単に水素水を飲む事ができるというわけですね。

高濃度水素水サーバー


入浴剤も最近注目されています。

水素の商品としてそのほかにも最近では入浴剤が注目されています。水素化マグネシウムなどの成分が含まれている入浴剤をお風呂に入れるだけで家族全員でお風呂につかるだけで水素を補給できるのです。水やサプリメントに比べると1回あたりの金額は高いのですが、家族全員で考えると非常に安価になりますし、体全体でしっかりと水素を補給できるので非常に効率的だと人気を集めているのです。

入浴剤


この記事の関連記事一覧

Copyright 2013 水素水 All Rights Reserved. |サイトマップ運営会社